愛用品・オススメの道具

2022年上半期のベストバイ‼︎(QOLが上がった家電と日用品と本)

mizu

どうもmizu(@XxsHsr)です

気づけばもう6月末。

あっっっっっっっっと言う間に2022年も上半期が終わりますね。

ということで今回は、2022年上半期に購入したものの中から

これは生活が豊かになった‼︎と感じたもの、つまり

2022年上半期ベストバイ‼︎

を紹介していきたいと思います。

買ったものを見返していくと、「あれ、これ買ったの今年のことだっけ???」

と感じるほど、毎日愛用しているものばかりでした。

ぜひ何かしら参考になれば嬉しいです。

頭皮への極上快感を毎日味わえるNIPLUXのヘッドスパマッサージ機

1つ目のベストバイは、NIPLUXのヘッドスパマッサージ機です。

mizu

実は妻への母の日のプレゼントに購入しましたが、妻から涙が出るほど喜ばれた逸品です。

頭にも顔にも、ドライでもお風呂でも使える万能マッサージ機ですが

とにかく気持ち良いです。

ヘッドマッサージって、意外とされたことがなかったし行く機会もないので知らなかったんですがめちゃくちゃ疲れがほぐれるんですね‼︎

ヘッドスパサロンの専門店でも使われているらしいので、もうほぼプロですね。

もの4つのツボが頭皮をグリグリもみほぐしてくれます。
mizu

頭皮をグイッと持ち上げられてぐりぐりされると、目の疲れなども取れて眠くなるほど。1度使ったら病みつきになりむしろ妻より使ってます。

あと、こめかみとか首の後ろとかもたまらないんですよね。

値段もめちゃくちゃ高いというわけではないので、もしヘッドスパマッサージ機が気になっている方はぜひ試して欲しいです。

もちろん奥さんや彼女などへのプレゼントなどでも泣いて喜ばれます。

ちなみに自分は楽天で購入しました。

雨の日は3000円のクーポンが出ていたり、楽天だけの割引があるみたいなので、もし購入される方は比較されるといいかもしれません。


神の自宅シェフ アイリスオーヤマの電気圧力調理鍋

一言で言って神家電でした。

材料入れて調味料入れたら勝手に作ってくれるんだから。(しかも自分でやるより美味しい)

デメリットを見つけるのが難しいですね。

mizu

電気圧力調理鍋はもう、掃除機と洗濯機と冷蔵庫に並ぶ1家に1台の家電になっていいのではないかと思います。

いやもうそれぐらい生活が楽になります。

特に共働き子育て世代の我が家にとっては、メイン料理でもサブ料理でも

勝手に1品作ってくれるありがたさが尊すぎます。

アイリスオーヤマ製のここが良い

数ある電気圧力調理鍋の中から、アイリスオーヤマ製を選んだのにはいくつか理由があります。

  1. コスパがかなりよい
  2. 見た目がスタイリッシュでカッコいい
  3. レシピブックが見やすく役に立つ

コスパがかなり良い

各社電気圧力調理鍋の値段設定は様々ですが、やはり高いものは6万円台から8万円台のものもあります。

そんな中アイリスオーヤマさんの電気圧力調理鍋は私たちが購入した4L(3〜4人用)のもので、1万7千円ほど。

mizu

この値段で、できることは遜色ないのでかなりコスパは良いです。

見た目がスタイリッシュでカッコいい

やはり家電は機能もさながら、見た目にもこだわってしまう我が家ですが

アイリスオーヤマの電気圧力鍋は、シンプルな外観かつスタイリッシュなデザインで、キッチンに置いてもインテリアとしてもいい感じです。

mizu

個人的にダイヤルの感じとかシンプルなボタンの操作感も気に入っています。

あとは色味も色々あって、ブラウンとか深緑などいろいろ選べるのもいいです。

レシピブックが見やすく役に立つ

購入すると付属される、レシピブックがあるのですが

これが非常に見やすくて役に立ちます。

mizu

料理のレパートリーが薄い私でも、パラパラとめくるだけで晩御飯を決めることができます。

買い物前に見てから買い物にいくと、必要なものだけ買うので無駄買い防止に‼︎

iPadが紙の書き心地に‼︎ YMY worldのペーパーライクフィルム

今更ながら、iPadに着用するペーパーライクフィルムを購入しました。

これまでも紙で取っていたノートやメモを全てiPadに統一したかったのですが、どうもコツコツするタブレットの書きごこちが苦手で敬遠してました。

しかし今回よーやっとペーパーライクフィルムを試してみたら

なんでもっと早くペーパーライクフィルムを使わなかったんだ。過去の自分哀れ。

mizu

結論、めっちゃ紙ですね。

引っかかり具合が程よくて、書いていて気持ちが良い。

一気にノートは紙から電子に移行しました。

YMY worldさんのものを選んだ理由は

着脱式であることと書き心地が紙に近いかどうか。

参考にしたレビュー動画がありますので、添付しておきますね。

楽かるで掃除はかどる アイリスオーヤマのコードレスクリーナー

3月に愛用していた日立の掃除機が寿命を迎え

早急に新しい掃除機が必要になった我が家に選ばれたのが、アイリスオーヤマさんのクリーナー。

mizu

やっぱりアイリスオーヤマさんの製品はコスパが良すぎる‼︎

あとちょっとした便利な機能が絶妙にありがたいんですよね。

軽くて取り扱いが楽過ぎる

私が掃除機に求めるものって、やっぱり軽さ。

2階もあるので、階段などもサッとかけることが取り回しが何より重要なのですが

アイリスオーヤマさんの掃除機はとにかく軽い。

mizu

壁とか棚とか上の方でも楽々持ち上げれます。

本体だけで自立する

これがほんと地味に良くて

掃除中にちょっと手放したい時に、壁なんかに立てかけられることができます。

というのも滑り防止のグリップが専用で付いています。

mizu

前に使っていた日立のは、これができなくていつも掃除機ぶっ倒れてました。

足がマジでスッキリする「休息時間」

ここにきてめちゃくちゃ地味なんですけど

間違いなくベストバイに入るのがこの「休息時間」

mizu

私は生まれつき扁平足で、足の裏がぺったんこでとにかく疲れやすい、、、

そんな私の足にとっての救世主です。

夜寝る前にこのシートを足の裏に貼って寝るだけで、翌朝の疲れが全然違うし

睡眠の質も高くなった気がします。

妻はふくらはぎに貼ってますが、妻もレビュー星5つあげたいほど気持ち良いみたいで、夫婦で毎日愛用しています。

立ち仕事などで、毎日足がパンパンの方には、自分へのささやかなご褒美にぜひ使ってみて欲しいです。

ちなみに足裏のツボ専用とか、かかと専用など種類も豊富なので色々試してみるのもいいかもしれません。

上半期読んで良かった本の数々

今年の上半期も色々なほんとの出会いがありました。

どれもおすすめの本がとても多く、全ては紹介できませんので

特に読んで良かったベストブックを少しだけ紹介します。

祝本屋大賞 同志少女よ敵を撃て

独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親のエカチェリーナほか村人たちが惨殺されたのだ。自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。「戦いたいか、死にたいか」――そう問われた彼女は、イリーナが教官を務める訓練学校で一流の狙撃兵になることを決意する。母を撃ったドイツ人狙撃手と、母の遺体を焼き払ったイリーナに復讐するために。同じ境遇で家族を喪い、戦うことを選んだ女性狙撃兵たちとともに訓練を重ねたセラフィマは、やがて独ソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線へと向かう。おびただしい死の果てに、彼女が目にした“真の敵”とは?

mizu

本屋大賞を受賞し話題になっている本作ですが、まさに世界情勢と併せて今読むべき1冊だと感じます。

史実をベースにした圧倒的リアリティーと重厚感溢れる設定に引き込まれました。

読み終わった後で、タイトルの”敵”とは誰のことなのか深く考えさせられました。

伏線回収が最高すぎる 六人の嘘つきな大学生

成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

「犯人」が死んだ時、すべての動機が明かされる――新世代の青春ミステリ!

mizu

こちらも本屋大賞候補で話題になりましたが、個人的には候補作の中で1番面白いと思った1作です。

とにかく中盤のどろどろ感と、まさかのラストに迎える感情のギャップにやられました。

とてもいい作家さんを見つけた気がして、今過去作を読み漁っています。

間違いない名シリーズ マスカレード・ゲーム

解決の糸口すらつかめない3つの殺人事件。

共通点はその殺害方法と、被害者はみな過去に人を死なせた者であることだった。

捜査を進めると、その被害者たちを憎む過去の事件における遺族らが、ホテル・コルテシア東京に宿泊することが判明。

警部となった新田浩介は、複雑な思いを抱えながら再び潜入捜査を開始する――。

累計495万部突破シリーズ、総決算!

mizu

まあ面白くないわけないんですが、その期待より遥かに面白かったです。

個人的に主人公の新田がもう係長になっていて、非常に成長の感じられる1作でした。

メタバースに興味が湧いたきっかけ 世界2.0 メタバースの歩き方と創り方

メタバース、web3、NFT、AI、宇宙開発…「新しい世界」を私たちはどう生きるか!

メタバース事業の最先端をいく起業家が全てを書き尽くした決定版。

mizu

ぼんやりとしていたメタバースについての理解が一気に深まって興味が湧きました。

著者の佐藤さんの本はいつも意欲を湧き立てられます‼︎

悩みが全て吹っ飛ぶ 歴史思考

リスナー17万人以上!

Apple Podcast総合ランキング1位

人気音声コンテンツ「コテンラジオ」

郷和人・東大教授、絶賛!!

象牙の塔で重箱の隅をつつくのが歴史、ではない!」 

mizu

歴史を学ぶと、偉人たちの苦労に比べれば自分の悩みなんて大したことないし、今の世の中の当たり前も、昔は当たり前じゃない。自分が合ってないのではなく時代が自分に合ってないだけ。

そう考えるととても心が軽くなります。

そんな事例が数々紹介されているとても素敵な1冊でした。

ABOUT ME
mizu
「快適さ」と「持続可能性」の両立を目指した豊かな暮らしを発信しています。 ブログでは、 ▷ほどほどにミニマムな暮らしのこと ▷ほどほどにサスティナブルな暮らしのこと ▷自分が本当に良いと思える「シンプル」なモノや「ミニマム」なモノ「パタゴニア」製品の紹介 をメインに運営しています。
こちらの記事もおすすめ