エコロジーな生活

ゴミを減らすため賃貸蛇口にクリンスイ浄水器を設置。コスパもよくてとてもオススメ。

mizu

どうもmizu(@XxsHsr)です

我が家は普段から食事や喉が渇いた時は、「水」を飲むことが多いのですが

妻も私も、水道水独特のカルキ臭のようなものが苦手なので、いつもペットボトルの水を大量ストック購入して飲んでいました。

mizu

Amazonの定期的にラベルレス商品を購入していました。

しかしペットボトルを大量に購入することで、いつも気になっていたのが

大量に発生するペットボトルのゴミ問題

夏場だと毎日2リットルは消費するので、1日1本はペットボトルのゴミが出ます。

mizu

とにかく環境には良くないし、2週間に1回しかない資源ごみの日がめんどくさくて仕方がありませんでした。

あとAmazonで頼むと、段ボールゴミも溜まるというダブルでゴミ問題に。

そこで、ペットボトル(段ボールも)による”ゴミ問題”を解決するために、我が家も”浄水器”を導入しました。

我が家が導入したのは

三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 MONOシリーズ スマホ連携モデル MD301I-WT という製品です。

色々なメーカーや製品があって悩みましたが、Amazonベストセラーの1位にも輝いており賃貸物件にも容易に設置できて、とてもコスパも良い浄水器でした。

この浄水器のおかげで、ゴミ問題と「そろそろお水買わないと」という心配から開放されずいぶんと快適になりました。

とてもおすすめできる浄水器でしたので、もし浄水器選びに悩んでいる人の参考になれば幸いです。

蛇口直結型を選んだ理由

まず浄水器選びで肝になるのが

蛇口直結型か、ポット型のどちらにするか

ちなみにポット型というのは、水道水を専用の容器に入れて、容器内で浄水するようなタイプ。

こんなやつですね。

蛇口直結型とポット型の大きな違いといえば

①取り付け工事の必要があるかないか 

②飲みたい時にすぐ飲めるか(ポット型は事前に準備しておく必要はある)

特に賃貸だと、住んでる家の蛇口が取り付け可かわからないしポット型の方が〜と思ってしまうかもしれませんが

三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 MONOシリーズ スマホ連携モデル MD301I-WT は大抵のタイプの蛇口に直結できるようにアダプターがそれぞれ付属されていて

何より水を飲みたい時に水道を捻るだけでサッと飲めるのがいい と思い蛇口型を選択しました。

mizu

後ほど紹介しますが、取り付けもめちゃくちゃ簡単です。

エコロジーかつコスパも素晴らしい

実際問題ゴミが減るのは嬉しいですが、経済的な面も気になるところ。

クリンスイの浄水器は、カートリッジ交換タイプといって、だいたい3ヶ月に1度カートリッジを交換する必要があるので、こちらがランニングコストになりますが

クリンスイの浄水器はカートリッジ1本約2000円前後で、900リットルの水を浄水することができます。

mizu

少し安めのお水だとしても1本50円ぐらいですので、なかなか経済的です。

環境にも優しくかつ自分の財布にも優しいのが一番です。

設置も非常に簡単

取り付けは非常に簡単で、説明書を見ればすぐに取り掛かれました。

それでもわかりづらい方は、Youtubeに公式で取り付け動画も載っていたので、そちらがよりわかりやすいと思います。

上記の写真に写ってますが、4セットの付属品が全部入っています(Dセットだけ注文時無料で追加できる)

我が家はBセットでした。

基本的に工具は入りませんが、元々の設置金具が外れにくい時はスパナなどが必要かもしれません。

左部分が交換式カートリッジです。

作業時間だいたい10分もかからず設置できました。

右についているレバーによって、浄水か原水かを選ぶことができます。

下の画像が原水モードで、右の蛇口から水が出ます。

次が浄水モード。浄水ができていると、緑のランプが点灯してくれて左から水が出ます。

お水の味は美味しいのか

実際取り付けてみたところで、結局一番大事な水の味はどうなのか気になると思います。

ということで、浄水器の水、水道水、購入していたペットボトルの水 を飲み比べしてみました。

mizu

どれがどの水がわからない状態で、私と妻交互に”利き水”してみました。

そこで二人で試した結論ですが

水道水だけはすぐわかる(@_@)

mizu

何度か試しましたが、水道水だけはわかるのですが、ペットボトルと浄水の違いは感じられませんでした。

それだけ浄水の水も美味しいという結論です。

スマホと接続できればより便利

今回紹介した 三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 MONOシリーズ スマホ連携モデル MD301I-WT はスマホと連携することができて

アプリ内で電池残量やカートリッジ残量を見ることができます。

mizu

これならカートリッジ交換を忘れる心配もないので安心です。

他の機能はそのままで、スマホ連動か、浄水器自体にデジタル表示されるか、何も表示がないか の違いで3種類あるので

自分なりに価格と表示機能の有無で選ぶのが良いかと思います。

ABOUT ME
mizu
「快適さ」と「持続可能性」の両立を目指した豊かな暮らしを発信しています。 ブログでは、 ▷ほどほどにミニマムな暮らしのこと ▷ほどほどにサスティナブルな暮らしのこと ▷自分が本当に良いと思える「シンプル」なモノや「ミニマム」なモノ「パタゴニア」製品の紹介 をメインに運営しています。
こちらの記事もおすすめ