暮らしのこと

【楽しんで持ちモノを減らす考え方‼︎】スポーツのクラブチームを経営するように持ちモノを管理するということ。

mizu

どうもmizu(@Xx3Hsr)です

断捨離って実行まではハードルが高くても、一度やり始めるととても楽しく気持ちの良い作業です。

部屋の中はもちろん、頭の中までスッキリして、この状態を継続したい‼︎と断捨離が終わったその時はきっと思うはず。

しかし私も以前はそうだったのですが

一度断捨離しても、持ちモノがすぐに増えてしまったり、また捨てられなくなることってよくありますよね。

mizu

いわばモノを持ちすぎないことを継続ができない状態。

これが何度か続くともうモノを減らす行為めんどくさくなってしまいます。

そこで今日は、断捨離してもすぐにモノが増えてしまう方や持たない暮らしが続かない

そんな方に向けて、私自身も実践している楽しんで持ちモノを減らす考え方についてご紹介しようと思います。

何事も継続するための必須条件の1つが

継続することが楽しいこと‼︎ が重要だと思います。

どうせやるんだったら何か楽しい方法で継続したいと考える私が実践している考え方が

スポーツのクラブチームを経営しているかのように持ちモノを管理していくこと

mizu

今まで私の頭の中だけでこっそり行われていたこの”遊び”でしたが

今日は恥ずかしながらこのモノを減らすための遊びの考え方を共有したい思います。

支配下登録と戦力外通告

サッカーのチームにも、野球のチームにも

プロスポーツのクラブチームには限られた選手の枠って必ず存在しますよね。

選手は毎年その”枠”から漏れないために、必死に結果を残し、アピールをする。

残念ながら、その”枠”に入りきれなかった選手は”戦力外”とみなされ残念ながらチームを離れなければなりません。

mizu

毎年秋に放送される、プロ野球選手の戦力外通告された選手を特集する番組がありますが

プロって本当に厳しい世界なんだなと実感します、、、

とてもシビアな世界ですが、私はこの”枠”の考え方を参考にして

自分の持ちモノたちにも同じように、支配下登録と戦力外通告 を使い分けて持つモノを決めるようにしています。

持ちモノには枠を設けてその中で毎回契約公改をしていく

例として我が家の本棚で説明します。

読書好きの私は特に紙の本がとても大好きで、以前は部屋が溢れかえらんばかりの大量の書籍を持っていました

しかし今は自分の中の決め事として

本は本棚1つ分しか持たない

という”枠”を作っています

mizu

支配下登録できるのは本棚1つ分だけ‼︎

なので新しく本を買ったときは、その代わりどれか1冊に戦力外通告を出さなければいけません。

非常に悩ましい選択ですが、そこはあるクラブチームのオーナーになったかのように

昔からあるベテランスター選手の本を引退させるのか

それとも最近加わった新人だけど、そこまで活躍しそうにない若手本に戦力外通告を出すのか、、、

毎回楽しみながら契約更改を行ってます。

mizu

単に1つ買ったら1つ捨てるというルールよりも

自分の中に楽しみを見つけて実行していく方が、ルールを守りやすいし継続につながります。

私の本棚では毎日のように激しい支配下登録枠が行われるので

本棚に残っている本たちは、銀河系軍団レアル・マドリードのような私の本当にお気に入りで大好きな本の精鋭たちで構成されてます‼︎

どんなに優種な選手(モノ)でもいつかは衰え引退していくもの

どんなに素晴らしい選手にも、年齢を重ねることによる衰えや怪我などによって

いつかは引退しなければいけない日がやってきます。

いかにファンから愛されていても、クラブとの繋がりが深くても、どんなに高い移籍金を払って手に入れた選手でも例外なくその時ってきますよね。

mizu

イチロー選手も落合選手も、ペレやマラドーナも

どんなスター選手もみんな現役を退く日がありました。

そしてそれはモノも同じで、どんなに思い出がある品物でも、高い金額を払って購入したものでも

引退すべき時には引退させてあげる。もしくは戦力外通告を出すことは当たり前です。

mizu

思い出があるからとか、高かったからといった理由で捨てられないものは多いと思いますが

戦力にならないものを置いておけるほど甘い世界ではありません‼︎シビアにいきましょう‼︎

どうせなら楽しんで断捨離LIFEを

今回はわかりやすく我が家の本棚で紹介しましたが

本以外にも、衣類やバッグ、食器や趣味のものなど、様々なモノにこのクラブチーム経営方式を取り入れて

楽しんで断捨離LIFEを送っています

mizu

新しくモノを買うときにも「このモノはウチのチームに必要か?生き残れるか?」

無駄にモノを増えるのを防止するとスカウト目線で考えるようにもなりました。

今回は私なりの、断捨離の楽しみ方・考え方を紹介しましたが

もちろん楽しみ方は人それぞれ。

ぜひ自分に合った方法・考え方を見つけて、楽しく断捨離LIFEを送ってみてください‼︎

ABOUT ME
mizu
「快適さ」と「持続可能性」の両立を目指した豊かな暮らしを発信しています。 ブログでは、 ▷ほどほどにミニマムな暮らしのこと ▷ほどほどにサスティナブルな暮らしのこと ▷自分が本当に良いと思える「シンプル」なモノや「ミニマム」なモノ「パタゴニア」製品の紹介 をメインに運営しています。
こちらの記事もおすすめ