ミニマリズム

本の断捨離に困っている方におすすめする、ミニマリストの本の減らし方

mizu

どうもmizu(@XxsHsr)です

今日は、ほどほどミニマリストの私もついに実行することができた

本の断捨離 についての方法や考え方をご紹介します

私は暮らしにミニマリズムを取り入れたことで、家の中から様々なものを断捨離し、圧倒的に家の中からモノが減りました。

しかしそんなミニマリズムを取り入れた私もどうしても捨てられなかったもの

それが 大好きな本 たちです

私は年間200冊程度は読む大の読書好きなのですが

できるだけ本は手元に置いておきたくて

様々な書籍や雑誌、漫画などを購入し、家の中は本で溢れていました。

ミニマリズムを取り入れた後も、本だけは減らすどころかどんどん増え続け本棚も新たに購入し、部屋の1室だけは図書館状態になっていました。

、、、そして私はきっとそんな状態に憧れていたんだと思います

Mizu

持っている本=自分の知識になる そう思っていたのかもしれません

でもある時、持っている本 が自分なのではなく、読んだその本がどう自分の中で血肉となり心を動かしているのか

そのことが本質的に大事なこと だとやっと理解し

ついに我が家の本の断捨離を行うことになりました

今日は私が本を断捨離する上で、心がけたルールや、本の処分方法、参考になった断捨離術などをご紹介するので

ぜひどうしても本が捨てられない という私と同じような方の参考になれば嬉しいです

ちなみに私のオススメの本の断捨離サービスは

【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】

もしくは、フリマアプリ代行サービスを利用

面倒なフリマアプリへの出品を代わりに!出品代行サービスの【マカセル】

ぜひ本の処分方法の参考にしてみてください。

本の断捨離をおすすめする理由

まずは記事を読んでいる皆さんが、本を断捨離したくなるように

実際に本を断捨離した私が感じたメリットをご紹介します‼︎

📕本を断捨離することで得られるメリット📕
  • 部屋が広くなる
  • 本を購入することが少なくなる(お金がかからない)
  • 大事な本を読み返すので知識が定着する

部屋が広くなる

これは単純で当たり前ですが、今まで本や本棚に支配されていたスペースがなくなるので、部屋がとても広く感じます

埃がたまりやすく、掃除もしにくい本棚がないことで、より一層掃除が楽になり、モノが少ない部屋はやっぱり落ち着きます

結局人間は 余白 が大好きなんですね‼︎

本を購入することが少なくなる(お金がかからない)

本って実際、1冊1冊結構いいお値段しますよね。

でも自分への自己投資だと思えば決して無駄な買い物ではないし、つい1冊くらいなら、と思って欲しいと感じた本って結構買ってしまいがち

そうやって家の中にどんどん本が増えてしまいます。

mizu

自分も本屋さんに行くと、ついあれこれ欲しくなって買ってしまっていました

でも1度断捨離してしまえば、もうモノを増やしたくなくなります(これは必ずといっていいほど沸き起こる感情)

なので、本を1冊買うにしても、モノが増えてまでこの本は自分に本当に必要なのか?ときちんと問いかけることができます

それでも本当に必要な本ならば買うべきですが、ここで躊躇する本って所有はしなくてもいい本だと思います

こうして本を購入するのは本当に自分に必要な本だけを購入することになるので、毎月の本代にかかるお金はグッと少なくなります‼︎

大事な本を読み返すので知識が定着する

後からも書きますが、断捨離してもなお手元に残す本は、本当に大事な本です。

手元にはそんな大事な本しか残ってないので、定期的に読み返すことが増えますが、何度も手に取ることで大事な本の大事な部分や知識が、血肉となりしっかり頭に残ります‼︎

どんなにいいと思った本の内容でも、ちょっとしたら忘れてしまうことありますよね?

たくさん本を読んでたくさんの事柄に触れることも大事ですが、1つの知識をしっかりと自分のものにすることも大切だと思います☺︎

mizu

1冊の本をじっくり読むことの大事さを、本を減らしたことであたらめて感じ取ることができます‼︎

ミニマリストが実践した 本の断捨離術

それでは実際に私が行った本の断捨離方法を、手順ごとに紹介していきます

私は3ステップを意識して本の断捨離を実践しました

📕本の断捨離3ステップ📕
  1. 本を収めるスペースを決めてしまう
  2. 残す本のルールを明確化
  3. 実際に本を処分する

本を収めるスペースを決めてしまう

まず私が取り組んだのが

家の中で本を収納するのはここだけ‼︎ という感じで

本の収納スペースを決めてしまうことです。

本棚1つ分だけ とか クローゼットの収納棚1つ分 など、

逆にこの決められたスペースまでの本なら所有してもいい と決める作業でもあるのですが

このスペースを決めることで、次の断捨離する本を選ぶ作業に移ることができます

どれだけのスペースを持つかは、各個人の価値観で決めてしまっていいと私は思います。

ちなみに私は 

1冊の本棚を所有する

 と決めてその本棚に入る範囲なら本も所有するというルールを決めました。

これが実際の現在の私の本棚です

もしかしたら『全然ミニマリストの本棚じゃない、本当に断捨離したのかよ?』 

なんて言われてしまいそうですが、これと同じ本棚が我が家には後4つほどありました。

それに比べれば格段に本は減らしましたね。

ミニマリズムは人それぞれ。私はこれぐらいの量が多すぎず少なすぎず心地よく感じます。

本を所有する量も、その人自身が最も心地よいと感じる量 を決めるといいと思います

残す本のルールを明確化

次に実際に断捨離していく作業に移りますが、

まず残す本のルールを明確化することが重要です。

このルールに該当しない本は全て手放す‼︎ と決めてしまうことでスムーズに断捨離作業を進めることができます。

私が実際に断捨離時に決めた残す本のルールは

これから先、年に一回は読み返す本は残す

このルールに該当しない本は、例え購入金額が高くても、とても気に入っていた本でも手放しました。

年に一度は読み返すのなら、それはきっと大事で必要な本に間違いありませんので手元に残して血肉になるまで何度も読み返すことにしました

でもそうじゃなければ、表紙が気に入ったり、本棚にあるとなんかかっこいいからという見栄で買ったり、なんとなく買ったりしたモノたちです

そんな本は必要な本ではありません。

まずはこのルールに絞って、どんどん手放す本を決めていきました‼︎

断捨離作業中、、、

最後の最後まで苦慮しましたね

このルールは必ずしも私と同じモノでなくて、自分なりに明確化できるモノならなんでもいいと思います

でもやっぱり、読み返すかどうか は1つの線引きとして私はオススメします‼︎

自分にとって大事かどうか見極めるうえで、これほどわかりやすいルールはあまりないのではないかなと思います

実際に本を処分する

最後はさっきのステップの 残す本のルール に該当しなかった本たちを実際に手放して行きます

よく、【迷ったら一度段ボールに詰めて取っておいて、それでも必要なかったら捨てる】

といった方法を目にすることがありますが、私としてはオススメではありません。

その時に捨てれない人は結局後からも捨てられない からです

きちんとルールを決めてそれに該当しないものは思いきっと手放して行きましょう

本を手放す際は、主に3つの選択肢があると思います

本を手放す具体的な方法
  1. 捨ててしまう
  2. 人にあげる
  3. 売ってしまう(買取サービスを利用する)

私が実際に断捨離の際に利用したのは

❸買取サービスを利用する 方法です

やっぱりどうせ手放すなら、少しでもお金に変わったら嬉しいし、

一度に大量の本を手放すには、❶捨ててしまう や ❷人にあげる よりも

断然❸売ってしまう(買取サービスを利用する)方が手間も時間もかかりません‼︎

それでは実際に私が利用した本の売却方法オススメの買取サービスをいくつかご紹介します

オススメの本売却方法(買取サービス)

実際に私が利用した本の買取サービスは3つです

オススメの本買取サービス
  • メルカリで売る
  • ブックオフの宅配買取を利用 ←オススメ‼︎‼︎
  • ブックオフに直接持っていく

メルカリを利用する

今やフリマアプリとしてど定番の メルカリ ですが

新しい本はもちろん、古い本でも割と高い金額で売れたりします‼︎

1冊ずつに値段がそれなりつくので、できるだけお金に変えたいと思っている人にはオススメです

私もまだ買ってまもない本や、キレイめな本は メルカリに出品しましたが、どれも他の買取サービスでは不可能なほど高額で売却できました

Mizu

手間さえ惜しめないのであれば、売れる本はメルカリに出品するのがオススメです

面倒な出品作業も、現在メルカリにはバーコード出品サービスというものがあり

本のバーコードを読み取るだけで本の情報を勝手に入力してくれるので、面倒な入力がだいぶ省略されます

出品画面から、バーコードを選択すると

このように読み取り画面になって商品情報を読み取ります

後は写真を1枚撮って、値段を決めるだけで出品完了です‼︎

状態のいい本であれば間違いなくメルカリがオススメ

ですがそれでも1冊1冊出品するのは面倒だ という方は

面倒なフリマアプリへの出品を代わりに!出品代行サービスの【マカセル】

このサービスの利用がオススメです‼︎

文字通り、面倒な出品サービスを全て代行してくれるので

実質、出品したい商品を送って後は売れるのを待つだけです‼︎

出品のプロが販売してくれるので、自分で売るよりも高額で売れることもあります

Mizu

面倒もなく、それに高く売れるなんて、めっちゃ便利なサービスですね

ぜひフリマアプリで処分したいけど、面倒な作業はしたくないという方はご利用してみてください

ブックオフの宅配買取を利用する

次に最も私がオススメする断捨離方法の

【ブックオフのネット宅配買取サービス

私もほとんどの本はこちらのサービスを利用しました。

自宅でダンボールに売りたい本を詰めておいて、後は自宅で宅配買取の方が来るのを待つだけなので、700冊以上の大量の本があった私にとっては神様のようなサービスでした‼︎

特にオススメな点は

  • 詰め込む段ボールは指定のものでなくなんでも良い
  • 最大19箱まで一度に買取可能

という点。

本をもし 捨てる となると紐で縛って指定した日にゴミステーションに提出。量は多ければ何往復もしなくてはなりません。

しかしブックオフの買取サービスなら、自宅にあるダンボールに詰めて待つ

それだけで、大量にある本を一気に処分できます

先ほど紹介したフリマアプリほど値段は高くは付きませんが、最も楽に本を処分する方法だと思います

ブックオフに直接持っていく

本当に今すぐにでも本を処分してしまいたい方は、直接店舗に持っていかれるのもいいと思います。

その日のうちに処分できて、買取代金もその場でもらえます☺︎

私も自宅買取を利用した後、追加で処分したくなったものが何冊かあったので、そちらは何冊か実店舗に持って行きました

だいたい30冊くらい買取にだして、300円くらいで買い取ってもらえたので、そのお金で1冊だけ前から読みたかった本があったので購入しました

30冊分の犠牲で購入したものなので、この本は大事にします☺︎

断捨離するうえで参考になる書籍の紹介

ここで私がミニマリズムを取り入れ、断捨離を行う際に参考にした方法や考え方が学べるオススメの書籍をいくつかご紹介しておきます

どの本も非常に参考になるオススメの書籍ですので

気になった方はぜひ手に取ってみてください☺︎

これはきっと、”残す本”のルールに入る本たちだと思います

まとめ ミニマリズムで本も手放して暮らしはより豊かに‼︎

今日は私がついに実行することができた

本の断捨離術についてご紹介しました☺︎

やっぱり、モノを減らすことで自分にとって本当に必要なものが見えてくるミニマリズムは、暮らしをより豊かなものに変えてくれます。

それは 本 も例外ではなく

本を減らしたことで自分にとって大事な本がはっきりとわかることができました☺︎

そんな自分にとって本当に大事で大好きな本 に出会うためにも

ぜひ皆さんも 本の断捨離 実践してみてください

それではまた。

ABOUT ME
mizu
「快適さ」と「持続可能性」の両立を目指した豊かな暮らしを発信しています。 ブログでは、 ▷ほどほどにミニマムな暮らしのこと ▷ほどほどにサスティナブルな暮らしのこと ▷自分が本当に良いと思える「シンプル」なモノや「ミニマム」なモノ「パタゴニア」製品の紹介 をメインに運営しています。
こちらの記事もおすすめ