暮らしのこと

「欲しいものを買うか買わないか迷ったら。」とりあえず買ってみることをオススメする私の判断基準とその理由。

mizu

どうもmizu(@XxsHsr)です

今日は万人が絶対に悩んだことがあるであろうこの悩み、、、

欲しいものを買うか買わないか悩んだらどうするか

これについて、私なりの判断基準をご紹介します。

mizu

「買い物」に関してはたくさんの経験と失敗を繰り返して行き着いた私なりの判断基準です。

結論から言うと判断基準はとてもシンプルで、私は基本的に

買うか買わないかで「3日」悩んだらとりあえず買う‼︎

基本的にこのルールで購入するか否かを判断しています。

mizu

というか、悩むまで調べたものはとりあえず買うようにしています

実際にこの判断基準でモノを買うようにしてからは

確実に買い物についての悩みと失敗が減りました

そこで今日はなぜ私が

買うか買わないかで「3日」悩んだらとりあえず買う‼︎

を実践しているのかについての価値観や理由などを詳しくご紹介しようと思います。

「迷ったら買う」を実践している私が、実際にすぐに買って良かった服や家電やガジェットの話。 mizu どうもmizu(@XxsHsr)です 買い物に関して、万人が絶対に悩んだことがあるであろうこの悩み、...

「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ」というフレーズについて

買い物に関しての提言でよく聞くフレーズにこんなフレーズがあります。

「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ」

皆さんもしかしたら1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか

誰の名言なのか、いつから言われ始めているのかは知りませんが

要は、

そのモノに買うだけの価値は感じているのに、値段が高いという理由だけ悩んでるなら買いなさい

そのモノに価値を感じていないのに、金額が安いという理由だけで買うのは意味がない

ということだと捉えています。

このフレーズや価値観はすごく良いなと思っていて、私の判断基準も主にこのフレーズをベースにしています。

悩んだらとりあえず買った方がいいと考える理由

何より大事なのは”時間”という価値観

私が、悩んだらとりあえず買った方がいい と考える一番の理由は

悩んでいる”時間”が圧倒的にもったいないから

私もそうだったのですが

何か欲しいものがあって買うかどうか悩んでいる時にありがちな行動として

  • その商品のスペックや画像を何度も検索する
  • 買った方がいい と書かれているようなメリット記事を何度も読んで自分を納得させようとする
  • でもデメリットも何度も検索する
  • より安く買えないかメルカリや最安値サイトをずーっと巡回してしまう

こんな行動を繰り返して、”時間”を費やしてしまうことがよくあるのではないでしょうか

mizuu

特に夜中などに見始めてしまうと、最悪の悪循環に陥ります。

私の価値観としては

人生で一番貴重なものは間違いなく”時間”なのに、何度も悩むことで”時間”を奪われるなら、とりあえず買ってしまうことで”時間”を無駄にしない 

こう考えて、悩む時間がもったいないので買うようにしています。

失敗しても出口戦略がたくさんある

仮にもし買い物が失敗したとしても

現在は、メルカリ や ヤフオク などで売却することが容易です。

購入価格より安く売ってしまうことで差額分を「失敗した」とか「損をした」と考えてしまうかもしれませんが

そこでの買い物の「経験」は必ず役に立ちます。

(あそこの商品はイマイチだったとか、自分にこれは似合わないなどがわかる)

なので、ある意味では「失敗や損などない」と私は考えます。

mizu

それに、もしかしたら後々「これは売るかもしれない」と考えることによって

モノを大事に使う】 という習慣も身に付きます。

また出品手続きや配送が面倒だ と思う方が売るかもしれませんが

今は、フリマの出品代行をやってくれる【マカセル】というサービスもあり、出品のプロが適正な値段で売却してくれるので、自分でやるより楽に高く売ることができます‼︎

3日は空ける理由について

欲しいモノを買うか買わないか悩んだらとりあえず買うようにしていますが

1つ確実に守るルールとして 3日 は悩むようにはしています。

なぜ3日は空けるようにしているかというと

  • 3日なら悩む”時間”ももったいないとは思わないライン
  • 完全な衝動買いを防ぐため
  • 購入した時の満足感を高めてくれる

3日なら悩む”時間”ももったいないとは思わない

先ほど説明した、悩む”時間”がもったいない という価値観ですが

それも3日程度であれば、もったいなくはない、必要な時間だと考えています

mizu

何日も何日も費やしたり、買わないことによって悶々とする時間がもったいないと考えています

完全な衝動買いを防ぐため

また「欲しい‼︎」と思ったらからすぐに買うというのは、流石に危険です。

その時みた雑誌や映画の影響で、【欲しかったのはその時だけ】ということはよくあること。

それを防いで冷静になるために3日というのは必要な期間です

mizu

特に深夜のあの意味不明なテンションの時があるので要注意

購入した時の満足感を高めてくれる

すぐに購入するのではなく、一旦日を空けてから購入することで

本当に欲しかったものや必要なもののありがたみがより感じられ

購入した時の満足感は高くなります。

mizuu

「あーっやっぱり買ってよかった‼︎」と思うことで、愛着は湧くしより大事に使おうと思えますよね。

まとめ

今日は 欲しいものを買うか買わないか悩んだらどうするか について

私の判断基準と価値観をご紹介しました。

買い物についての価値観は人それぞれですが

もしずーっとAmazonや楽天の欲しいものリストに追加はしたものの、いつまでも購入を渋っているものがあるなら

”時間”についての考え方や”フリマなどの出口戦略”など

ぜひ本記事の判断基準を参考にしてみてください。

ABOUT ME
mizu
「快適さ」と「持続可能性」の両立を目指した豊かな暮らしを発信しています。 ブログでは、 ▷ほどほどにミニマムな暮らしのこと ▷ほどほどにサスティナブルな暮らしのこと ▷自分が本当に良いと思える「シンプル」なモノや「ミニマム」なモノ「パタゴニア」製品の紹介 をメインに運営しています。
こちらの記事もおすすめ